爆笑!?コネタ集 息子・娘編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同募金

家に帰ってくると娘が募金活動をしていた。

学校で赤い羽根の共同募金を集めているようだ。


募金をして所定の用紙に名前を書いたら
娘から表彰状?がもらえるようです。
感謝状じゃないの?

我輩「よっしゃ!じゃあ、お父さんが一番に入れとくわ。」

娘 「ありがとー」

暫くすると娘が何やら書いて持ってきてくれました。
111116_2126~01

やっぱり、表彰状でした。。

次の日、見てみると、みんな募金したみたいで名前を記入していました。
金額も書かされます。
111116_2125~01

我輩 ・・・24円
嫁さん・・・55円
娘  ・・・ 1円
息子 ・・・32円 

娘は「気持ちがあればいくらでもええねん」って言ってました。

「自分自身で工夫して、募金を集めたことが良かったね。
一人よりもみんなで集めた方がいいよね。」

と娘には伝えています。


まぁ、金額は各自の経済力を反映してるなぁ・・・

やっぱり嫁さんが一番や・・・

ん?息子にも負けてるやん!?

FX

スポンサーサイト

ドラフト会議

そういえば今日(もう、昨日か?)はドラフト会議だった。

我輩は全く興味は無く、気にもかけていなかったのだが、
家に帰ってくると息子が部屋から飛び出してきた。

我輩「ただいま~」

息子「ドラフト2位で歳内阪神に入ったで!」

我輩「いきなりなんや。」

息子「それから、釜田は楽天に行った。」

我輩「釜田って誰や?」

息子「甲子園に試合見に行ったやん」

そういえば、息子の指名で聖光学院 対 金沢(確か2回戦)を屈指の好カードということで
甲子園に見に行った。
おまえはスカウトマンか!?

我輩「たしか、聖光学院は負けたけど歳内が阪神で良かったん?」

息子「歳内は、ええピッチャーやからええねん。」

たぶん、高校野球オタク阪神大ファン息子は、ドラフト会議中かニュースに釘づけで
監督よりドキドキしていただろう。。

我輩「お前、今日は勉強してないやろ~」

息子「ふぁ~、疲れたから寝るわ。歳内が阪神に入ったことを言いたかってん。」

どんだけドラフトに気合いれてんねん!?
おまえはスカウトマンか!?

多分、息子の頭にはこの2、3年分は各球団のドラフト順位と出身高など
インプットされていると思われる。

勉強に頭と体力を使ってくれ~。

娘がブルーハーツを!

車で買い物に行く途中、後部座席から娘(小2)の鼻歌が聞こえてきた。

娘 「じょおね~つの、まっかなバ~ラを
我輩「えっ!その歌してるの!」
娘 「知ってるで。はじめから歌えるで。途中までやけど」
我輩「ほんま~!歌って!」
娘 「いいよ」

娘 「えいえんなのか~ほんとうか~
我輩「お~すげ~!」

娘 「うたう気分じゃないかぁ
我輩「えっ!」

娘 「うたおうよ!
  「じょおね~つの、まっかなバ~ラを・・・
  「ここまで」


我輩「あ~docomoのコマーシャルね・・・」

でも、一瞬、時代を共有できたみたいでうれしかった。

~情熱の真っ赤な薔薇を 胸に咲かせよう
 花瓶に水をあげましょう 心のずっと奥の方~

FX

とうとうやってしまいました。

我輩の昼は、弁当である。

もとからそんなに食べる方ではないが、
病気後はご飯も薄く控えめに入れてもらっている。

息子も中学になってから弁当である。

いつかやってしまう予感はあったものの本当にやってしまう日が来るとは・・・


その日、カバンから弁当を取り出すとどうもいつもと弁当の雰囲気が違う。。

この重量感。。も、もしや息子の弁当では・・・

弁当を開けると案の定、ご飯は、ぱっつんぱっつんに入っている。
しかも我輩の嫌いな卵焼きが入っているではないか!
(実は、卵料理が苦手である。友人からは人生の半分を損してるとまで言われたが)

卵焼きのせいでおかずがたりねーと思いながら何とかご飯を平らげることができた。


その頃、息子は・・・

うわー!ご飯、薄っ!スカスカやん!
えー、大好きな卵焼きが入っていないやん!
しかも嫌いな「しめじ」がめっちゃ入ってるし・・・

その後、ごはんたりねーと思いながら部活でヘロヘロになって帰ってきたようです。。

いやー、すまんすまん。
FX

スキー実習

息子が2泊3日のスキー実習から帰ってきた。

スキーの実習チームは、Aチーム(経験者)、Bチーム(初心者)と分かれたそうだが
一度、しかも半日程度しか滑っていないのに滑ったことがあるというだけで
息子はAチームに組み入れられたらしい。

嫁 「どうやった?ちゃんと滑れた?ついていけた?」

息子「みんな、めっちゃ速くてこけながらついて行った。
   やばい時にこけるのだけは上手くなった。
   あと、遅い時、先生に引っ張ってもらった。」


嫁 「そしたら、僕は後からゆっくりついて行きますって
   言ったら良かったのに」


息子「そうやねんけど、先生、外国人やってん。」
   『ツイテキテクダサイ』とか『ミテクダサイ』しか言ってくれへんねん。
   まぁ、俺も『Thank You』『I can do it』しか言えんかったけど。。」


なんで『I can do it』やねん!その自信はどこからくるねん!
『I can't』じゃないの!?
お互い、その語彙力では、さぞかし厳しいスキー実習だっただろう・・・

まぁ、楽しかったようだし、体で覚えろ!ということで。。

FX
プロフィール

キャープテン

Author:キャープテン
日常で起こったちょっと笑えるコネタを公開しています。
悪性リンパ腫という病気にかかってしまいましたが、
治療が終了し、2011年より、社会へ復帰しました。






にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村


カテゴリ
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おすすめ広告
アフィリエイト
--------
軽井沢 別荘管理
--------
不妊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。