爆笑!?コネタ集 大人編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾丸ツアー(赤い彗星編)

このゴールデンウィークは、我が家の恒例、宿泊なしの0泊1日弾丸ツアーを敢行した。
(結果的には0泊2日になったが・・・)

今回のターゲットは安芸の宮島。

AM5:20出発-山陽道-AM9:30宮島着-厳島神社など-PM14:00宮島発-中国道-PM17:00東城着-帝釈峡-リフレッシュハウス東城(温泉)-PM20:00東城発-PM20:20大佐SA(夕食)-PM23:00滝野社-AM00:05自宅着(ぎり翌日、0泊2日)

総走行距離687.1Km

高速を多用した分、かつて無いぐらい、そう、赤い彗星のように通常の3倍の距離を走った。
(何の3倍や?)
宮島・帝釈峡とも見ごたえがあり、皆、大満足の旅行だった。

まぁ、旅行はともかく今回のネタ。


我輩:「あ~あ。腹減った。この辺に大佐っていうサービスエリアがあるはすや。息子よチェックせよ!」

息子:「あった、あった。」

我輩:「よし、我輩が通常の3倍のスピードでついてやろう!」

息子:「・・・」

ガンダム世代にはたまらないサービスエリアだ。


~大佐SA到着


我輩:「うわぁ~。めっちゃ込んでるやん!通常の3倍やで~

よめ:「まぁ、回転良さそうだから、待とうか。待てる?」

娘 :「待てる~」

我輩:「じゃぁ、何食べるか決めとこ。え~っと、我輩は、から揚げセット」

息子:「尾道ラーメン」

よめ:「私は肉うどんセット。一緒に食べる?」

娘 :「うん」

よめ:「お父さんは大佐ラーメンセットにしたら?地元のものを食べてもいいかも」

我輩:「お、おう、そうやな。大佐だけに通常の3倍の速さで出できそうやしなぁ。」

よめ:「・・・」


シャアネタで攻めてた割りに大佐ラーメンを外してちょっと恥ずかしい我輩。


そこはそれぞれ食券を購入すると厨房にオーダーが通り、出来上がると番号で呼ばれるシステムになっていた。

やっと席について出来上がりを待っていると

「129番、尾道ラーメンの方」

息子:「おっ、僕や」

「131番、肉うどんセットの方」

娘 :「わぁ、ママと私や~」

我輩:「先に食べてていいで」

「135番、136番から上げセットの方」

我輩:「おかしいなぁ。なかなかできんなぁ。通常の3倍のスピードで出来るはずやのに・・・」


我輩は130番である。まだまだ、シャアネタを引張っている。。


「130番」

我輩:「おっ、つい来たか!」

おおさラーメンセットの方~」


一同:「たいさちゃうやん!おおさやん!」


家族全員に突っ込まれた我輩であった。

ひそかに他の人にも突っ込まれていたかも知れない。。


大佐ラーメン。味噌味のピリ辛で通常の3倍、美味しかった

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

正解!?

息子が幼稚園のときの話。
我輩のコネタか息子のコネタか微妙・・・。

何の番組か忘れたが、なんかクイズ番組だったと思う。

クイズの内容は、あるものを高速回転させ、その物体が何であるかを当てる当時流行ってた右脳を鍛えるようなクイズであったと思う。

<第1問>
まずは練習であるものが回された。
我輩にはある閃きがあった!
「これは瞬きを早くしたら一瞬でもとまった形に見えるんちゃうん!」

番組をご覧の皆さんも当ててみて下さい。というテロップが流れ、何かがぐるぐる回っている。

我輩は、高速で瞬きをした。

すると!見えてきたではないか!!!

「おっ、これは招き猫や!」

テレビ司会者からも回っているのは招き猫との解説があった。

「すげ~!」

我輩は得意になり、さらに瞬きを早めていった。
するとなんとほとんど止まっているように見える!我輩の動体視力はすごい!天才ちゃうん!と思い、瞬きを止めてみると・・・

なんてことはない。だんだん速度が遅くなっており、ほとんど止まって見えたのは本当に止まりそうだったからである。(我ながら恥ずかしかった・・・)
もう少しで横の嫁さんに自慢しそうになっていたところであった。危ない危ない。

<第2問>
今度は本番である。
(恥ずかしながら我輩はどうしてもあきらめきれずひそかに・・・しかし、まさに目一杯、高速で瞬きをしていた。う~ん、全然分からん・・・)

息子も必死で何が回っているか見極めようとしていた。
テレビの回答者も
「全然、分からな~い」
という感じだった。
ちょっと回転速度を落とすこととなった。

この時点でも我輩はまだあきらめきれずさらに高速に瞬きをしていた。
「我輩の理論は間違っていたのか・・・」(根拠のない思い込みだけど・・・)

これでもまだ回答者は全く分からず、さらにもう一段回転速度を落とす事となった。

この時点で我輩のまぶたは限界に達しようとしていた。
「もうだめじゃ~」

息子も目を皿のようにして見ていたが、突然、分かったと叫んだ。
「あっ、分かった。白鳥や!」

回転がさらに遅くなり、誰の目にもそれとわかるものが目に飛び込んできた。

息子:「やったー。正解や~!」
司会者:「正解はオマルでした。」(白鳥型のオマルであった)

息子:「えっ、オマルっていう白鳥がおるの?」

おるかっ!

チャンチャン

人気ブログランキングへ

ポンド 2009

最近はやっと円安に戻ってきた。
友人と一時はどうなるかとヒヤヒヤしていたときの話。

「それはニュージー」に続く外貨ネタ第2弾!(3年越しやな~)

我輩:最近、ちょっと外貨回復してきたなぁ~。一時はどうなるかと思ったわ。
友人:でもポンドはどうなったんや。一時期200円ぐらいあったやろ。今、140円台やで。
我輩:そうやなぁ。220円ぐらいのときもあったんちゃう?
友人:ユーロに逆転されそうになったときもあるやろ。ユーロに統合されるかもしれんで。
我輩:いくらなんでもそれは無いやろ~。
友人:でも、もしそうなったらポンドってどうなるんやろ。
我輩:それは大変やなぁ~。そーやなぁ、例えば、T-ポイントに変換してくれるサービスができたら
    どうかな?1ポンド=1 Tポイントで。
友人:めっちゃ安いやん。サービスちゃうやん!
我輩:そんでイギリスの人はTUTAYAレンタルしか出来なくなる。もしくは、ガストでランチ。
友人:えー。早く回復してくれ~。

ポンドの神様。こんな二人をお助けください。

そしてイギリスの皆様すいません。。

人気ブログランキングへ







なーにやってんだよー

かつて(2004年~5年頃)パチスロ「北斗の拳」にはまっていた。(いろんな意味で・・・金返してくれ~)
最近は時間も金も無く、全くバトルすることもなくなったが・・・。
昔を懐かしみつつ、過去の栄光?をお送りします。
(分かる人にしか分かりませんので悪しからず)

久々に仕事を早めに切り上げて帰った。(といっても夜8時前・・・)
いつもの乗り換えの駅に来ると・・・
「ん・・」(振り返る)とパチスロの虫がうずいてしまった。(ピキーン!あ、足が勝手にーっ)
まぁ、とりあえず打つかと最近相性がいい店にいった。
「はぁーーーっ」と気合を入れ、店に入った。(でもちっちゃい白オーラ)
おっ!今日は7日なんで北斗の日ではないか!なんかいいことあるかな?
が・・・あっという間に11,000円負け・・・。
しかし、このまま終わらないのがこの2、3日だけ調子の良かったキャープテンである!
思い切って95回大当たりしている台に座る。こうなったら100回目を我輩がひいてやる!と訳の分からん意気込みで打ち出す。
3000円入れた時点で初当たり。とりあえず6、7回つづいたらチャラに近づくんでやめようと思いながら打つ。
3回目にパンチで倒れる・・・。ん~中途半端・・・。が、すぐに大当たりをひく。2回で剛掌波に敗れる。ケンシロウ弱すぎる・・・。さらに200回ほど回し、大当たり。2回でキックでやられる。もういやじゃ~。まぁ、10時も回ったし、止めようかな?負けを最小限に食い止めるのも必要だろう・・・。
ん・・・ジャギ!やった!とりあえずチャラには持っていけるか?ん・・・お~久々の赤オーラではないか!これは期待大である。
うわっやばい。もう10時15分だ!ここは10時50分までだから残り35分!昇天までたどりつけるか!ってまぁその前に終わるやろ。
と優雅に打っていたが・・・3回目でパンチリン!こりゃやばい急がねば!
ここから我輩の手が高速で動き出す!時計を見る。10時30分。まだ10回にたどり着いていない。途中終了はイヤじゃイヤじゃ!
我輩はさらに動きを早め、受け皿にたまったコインも打ちながらドル箱に入れていくと言う始末である。レバーを叩いてから動き出すまでのタイムラグですらもどかしい。
もう、チェリー、スイカは無視である。
バット:「なーにやってんだよー!」(うわっ!)
バット:「なーにやってんだよー!」(ベルは無視ちゃうで!)
バット:「なーにやってんだよー!」(急いでんだよ!)
と訳が分からなくなっていた。時計を見る。もう、10時40分。まだ14回。YOU ARE SHOCKが流れ出す。
「ゆあ しょっく」
バット:「なーにやってんだよー!」 もう何回言われたか分からない・・・。
「キンコーン。キンコーン」
「うわっ!コイン切れか!店員さん早く!」店員さん、ジャラジャラ~。
「サンキュウ!」
バット:「なーにやってんだよー!」
「もぉええちゅうねん!」
10時50分が迫る。まだ19回。いっそ終わってくれ!いやいや何言っているんだ!最後までやるんだ!
終了アナウンスが流れる。20回。店員が駆け寄ってくる!くっ!ここまでか!
いや、昇天の札を立ててくれただけだ。が、もう後がない・・・。
「これが最後の一撃となろう!」
「おー」
「これで安らかに帰れる・・・」

我輩の周りにはあわてて落としたコインがバラバラといっぱい散らばっていた・・・。

人気ブログランキングへ







我が家の監督

我輩と子供2人で風呂掃除と家庭菜園用の苗作りをすることにした。
(嫁さんは晩御飯の買出し。)

我輩:さーて、風呂掃除と苗作りをするか。皆で同じ事してもいいけど
   分担した方がいいよね?
娘 :私、お風呂掃除するー!
息子:俺、種植えたい。
我輩:そうか、上手いこと分かれたなぁ。よっしゃ、S吾は新聞紙敷いてベランダで
   ポットに土いれて種を植えといて。土は下にこぼすなよ。
息子:はーい。
我輩:M実はお風呂掃除だからシャツとパンツになろか。
娘 :はーい。一人でできるからお父さんは手伝わんといて。
息子:俺も手伝わんでええで。
我輩:わかった、わかった。(こりゃ、楽ちんじゃ)

早速それぞれ作業に取り掛かった。

娘 :お父さん、これでいい?
我輩:そうやな。上から下の順で洗って。特にいつもお湯を張っている所は汚れているから
   しっかり洗ってな。
   じゃぁ。お兄ちゃんを見てくるから、頑張ってね。
娘 :はーい。

我輩:どうや?土こぼしてへんやろな。
息子:うん、大丈夫。土これぐらいでいいかな?
我輩:そうやなぁ、水をかけたらちょっと下がるからもう少し入れといた方がいいよ。
息子:わかった。

我輩は指示を出しているだけで非常に楽ちんであった。
そうこうするうちに嫁さんが買い物から帰ってきた。

我輩:おう、お帰り。風呂掃除と苗作りやってんねん。
   S吾は苗作りでM実は風呂掃除。我輩は現場監督。
嫁 :そう、ありがとう。あら監督さん、洗濯物が取り込まれていないけど。
我輩:ありゃ。はいはい~。

我輩の監督の地位はあっけなく終わった。やはり、我が家の総監督は嫁さんであった・・・。

人気ブログランキングへ







プロフィール

キャープテン

Author:キャープテン
日常で起こったちょっと笑えるコネタを公開しています。
悪性リンパ腫という病気にかかってしまいましたが、
治療が終了し、2011年より、社会へ復帰しました。






にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村


カテゴリ
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おすすめ広告
アフィリエイト
--------
軽井沢 別荘管理
--------
不妊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。