爆笑!?コネタ集 メガネ選び

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネ選び

我輩は仕事用メガネと休み用メガネを使い分けている。

・・・というと聞こえはいいが、今、休み用で使っているメガネは普段着では、
似合っている気がしていたのだが、スーツ姿でかけるとちょっと不評なので
会社にはつけていっていない。

そこで嫁さんに懇願し、2年ほど前に仕事用のメガネを再度購入した。
しかし、このメガネ、右目の焦点が微妙に合わない。
ホントに微妙な感じなので慣れればいいかと思い、そのまま使用していた。

ここ半年は、エブリディ・ホリディだったので休み用のメガネで過ごしていたが、
久々に仕事用メガネをかけるとやっぱり右目の焦点が合わない。
どうしてもストレスを感じてしまう。

実は、このメガネストレスも病気の一因じゃないかと疑っているぐらいである。
(全く根拠なし^^;)
などと、無理やり再購入を嫁さんへ打診し、何とかOKにこぎ着けた。


メガネ屋さんへ行き、最新の視力を測ってもらい使用するレンズを検討した。
フレームは気に入っていたし、節約でレンズのみ交換してもらうとした。

我輩「それにしてもどうしてこのメガネ、焦点が合わないんだろう。
   あっ、この店で作ってもらったメガネではないですよ。」

店員「そうですね。ちょっと調べてみますね。」

店員「度が少し弱いだけで焦点とか問題ないですけどねぇ。ちょっと掛けてもらえますか?」
  「間、見るので下向きになって、ニット帽もちょっと上げてください。」
我輩は、昨日剃ったばかりの頭を気にしつつ、ニット帽を上げる。

我輩「これ以上、上げたらえらいもんが出てくるで」
店員「いや、それでいいです。おでこ出してもらったらいいです。」

店員「これは、右目とレンズの間が広くなってますね。
  だから微妙に焦点がずれるのかも知れません。」

我輩「そしたらレンズだけ変えてもダメな可能性があるなぁ。
  いや!メガネを直せばいいということか!」

店員「うっ!いや、このメガネは柔軟に曲がるようになっていますので、どうしてもかけた時に右目が広がってしまう可能性があります。
   あちらのメガネですとフレームを購入していただくと今お使いと同レベルのレンズがついてお得ですよ。」

メガネの話は早々に店員も客を逃すまいとフレーム・レンズセットの戦略に切り替えてきた。
何ー!それを早く言えよーと思いつつもこの時点では、難ありのフレームにレンズだけ付け替える気は無くなっていたし、フレームの調整は本当に無理そうだったのでOKすることにした。

店員「こちらのフレームはいかがですか。」
我輩「おっ、いいねぇ。間どう?」
店員「ちょっと下向きになってください。あっ、ニット帽もちょっと上げてください。
   ばっちりです。」

ニット帽から頭を気にしながらおでこを出し入れし、左右のレンズと目の距離を気にする
一風変わったメガネ選びを行ったのであった。。



久々にととのいました。

疲れるメガネとかけて我輩のネタととく
その心は
あのー、焦点(笑点「笑のポイント」あってませんよ~。

おーい、やまだ君、苦しいそうだから代わってあげなさい。


FX

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは~(*´∀`*)

本当にメガネ選びは 難しいですよね!
ちょっとずれているだけでも 不快になるし…
きちんと合ったメガネを購入されて、良かったですね~

おーい、やまだ君、試練だと思って本人に続けさせなさい~(笑)

はちゅんねこ さんへ

こんにちは~

> 本当にメガネ選びは 難しいですよね!
> ちょっとずれているだけでも 不快になるし…
> きちんと合ったメガネを購入されて、良かったですね~
>
メガネ受け取りに行ってきました。
デザイン・フィット感・度数など今回は、ばっちりです。

> おーい、やまだ君、試練だと思って本人に続けさせなさい~(笑)
>
いや~、キビシー。がんばります^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

キャープテン

Author:キャープテン
日常で起こったちょっと笑えるコネタを公開しています。
悪性リンパ腫という病気にかかってしまいましたが、
治療が終了し、2011年より、社会へ復帰しました。






にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村


カテゴリ
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おすすめ広告
アフィリエイト
--------
軽井沢 別荘管理
--------
不妊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。