爆笑!?コネタ集 正解!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正解!?

息子が幼稚園のときの話。
我輩のコネタか息子のコネタか微妙・・・。

何の番組か忘れたが、なんかクイズ番組だったと思う。

クイズの内容は、あるものを高速回転させ、その物体が何であるかを当てる当時流行ってた右脳を鍛えるようなクイズであったと思う。

<第1問>
まずは練習であるものが回された。
我輩にはある閃きがあった!
「これは瞬きを早くしたら一瞬でもとまった形に見えるんちゃうん!」

番組をご覧の皆さんも当ててみて下さい。というテロップが流れ、何かがぐるぐる回っている。

我輩は、高速で瞬きをした。

すると!見えてきたではないか!!!

「おっ、これは招き猫や!」

テレビ司会者からも回っているのは招き猫との解説があった。

「すげ~!」

我輩は得意になり、さらに瞬きを早めていった。
するとなんとほとんど止まっているように見える!我輩の動体視力はすごい!天才ちゃうん!と思い、瞬きを止めてみると・・・

なんてことはない。だんだん速度が遅くなっており、ほとんど止まって見えたのは本当に止まりそうだったからである。(我ながら恥ずかしかった・・・)
もう少しで横の嫁さんに自慢しそうになっていたところであった。危ない危ない。

<第2問>
今度は本番である。
(恥ずかしながら我輩はどうしてもあきらめきれずひそかに・・・しかし、まさに目一杯、高速で瞬きをしていた。う~ん、全然分からん・・・)

息子も必死で何が回っているか見極めようとしていた。
テレビの回答者も
「全然、分からな~い」
という感じだった。
ちょっと回転速度を落とすこととなった。

この時点でも我輩はまだあきらめきれずさらに高速に瞬きをしていた。
「我輩の理論は間違っていたのか・・・」(根拠のない思い込みだけど・・・)

これでもまだ回答者は全く分からず、さらにもう一段回転速度を落とす事となった。

この時点で我輩のまぶたは限界に達しようとしていた。
「もうだめじゃ~」

息子も目を皿のようにして見ていたが、突然、分かったと叫んだ。
「あっ、分かった。白鳥や!」

回転がさらに遅くなり、誰の目にもそれとわかるものが目に飛び込んできた。

息子:「やったー。正解や~!」
司会者:「正解はオマルでした。」(白鳥型のオマルであった)

息子:「えっ、オマルっていう白鳥がおるの?」

おるかっ!

チャンチャン

人気ブログランキングへ
プロフィール

キャープテン

Author:キャープテン
日常で起こったちょっと笑えるコネタを公開しています。
悪性リンパ腫という病気にかかってしまいましたが、
治療が終了し、2011年より、社会へ復帰しました。






にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村


カテゴリ
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おすすめ広告
アフィリエイト
--------
軽井沢 別荘管理
--------
不妊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。