爆笑!?コネタ集 病院のうっかりじいさん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院のうっかりじいさん

これは、前回、扁桃腺摘出での話し。
ちょっと長文ですが、お付き合い頂ける方はどうぞ!

入院していた同室におじいちゃんが二人いた。

向かいに70歳だか、しっかりしているおじいちゃん。
(仮に、しっかりじいさん)

隣に80~90歳ぐらいのおじいちゃん。
(仮に、うっかりじいさん)

うっかりじいさんは、ちょっとアルツハイマー気味であったことと、殆んど寝ておられたので話すことがなかった。よく「家に帰りたい」と看護師さんに訴えて気の毒だった。

しっかりじいさんとは、天気・病気・地元の話しなど出来るようになっていた。

我輩の退院の前日、しっかりじいさんに退院する事を話していた。

我輩「明日、退院する事になりました。」

しっかり「そうか!良かったなぁ。ワシは、リハビリがあるから、あと1ヶ月ぐらいやな。体には気をつけて、元気でな!」

我輩「はい・・・。」

と、次の瞬間、今までいつも寝ており、話した事の無い「うっかりじいさん」に尋常でない動く気配があり、いきなり「しっかりじいさん」に何やら話しかけて来た。

しっかり「ごめん。よう聞こえんから聴いたって」
うっかりじいさんに話しを聞こうと隣のベッドに行くと・・・
なんと、いつもの寝たきりではなく、チョコンと座り、顔つきも生き生きしていた。

我輩「大丈夫ですか?」

うっかり「ワシも元気になったから家に帰ります!」
ニコニコしながらキッパリ言い放った。

どうやら我輩を医者か看護師に間違えているようなので、看護師さんにバトンタッチし、我輩は、ちょうど来た家族との面会に向かった。

戻って来ると・・・
なんと、うっかりじいさんがベッドごと居なくなっていた!
しかも夕食時間が終わっても一向に戻って来ない。

夕食後、散歩がてらに、ナースステーションを見ると、ナースに囲まれ、それはそれは楽しそうにご飯を食べるうっかりじいさんの姿があった。。

まぁ、有りやろ!と思い、ちょっと安心した我輩であった。


今回の入院で両じいさんの様子を訪ねてみた。

しっかり「あれ?戻って来たんか?しっかり治しや」

我輩「そういえば、そこのおじいさんは?」

しっかり「もう、退院したわ。ようナースステーションに運ばれとったで。えらい、楽しそうやったで!」

うっかりじいさん!めっちゃ、しっかりやんけー!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キャープテン

Author:キャープテン
日常で起こったちょっと笑えるコネタを公開しています。
悪性リンパ腫という病気にかかってしまいましたが、
治療が終了し、2011年より、社会へ復帰しました。






にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村


カテゴリ
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おすすめ広告
アフィリエイト
--------
軽井沢 別荘管理
--------
不妊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。