爆笑!?コネタ集 息子・娘編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この子のためにも!

今年から社会復帰を果たした。

出社初日、さすがに疲れて家に帰ってくると

「パパ~、おかえり~!」

と娘が玄関まで走って来るではないか!

我輩は、本当にうれしく、この子のためにも頑張らねば!と決意を新たにしたのだが、
娘は、興味深々に

「会社で帽子取った~?」

そこかー!

FX

サンタプロジェクト発動!

皆さんはサンタクロースをいつまで信じていたでしょうか?
我輩は残念ながらいつまで覚えていたのかも忘れてしまいました。。


我が家では、子供が信じる限りサンタを信じさせようと挑戦している。
毎年サンタに手紙を書かせ、ノーラッドのサンタ追跡画像を毎年見せたり。

ちなみにノーラッドのサンタ追跡は、クリスマスイブに北極圏で発生する
先頭トナカイ(ルドルフ)の赤鼻の熱源を偵察衛星で捕捉し、追跡しライブ中継するという
夢のあるサンタ追跡劇である。(日本上空も飛びます。)


息子が小1の時、ゲームキューブを頼むと手紙に書いていた。
だが、そんな高いものが簡単に手に入ると思っても良くない。
しかし、手紙を書き直させる訳にもいかないと言うことになり、サンタから返事を書くことにした。

サンタ「ゲーム機は高いのでお父さんとお母さんにお願いして買って貰いなさい。
    でも、今年は頑張っていたので、びっくりするものをあげよう。」
と返事を書き、嫁さんと一緒にびっくり箱を作り、お菓子と一緒にプレゼントにした。
本当にびっくりして、好評であった。今でもその時のことは覚えているようだ。
ちなみにゲームキューブは、後日、親からのプレゼントとして両親の力を誇示しておいた。


その息子には、2年前の小学5年でばれてしまった。

息子「プレゼントは本当は、お父さんとお母さんが置いてくれてるんやろ?」
我輩「分かったか。。でも、絶対、妹には言うなよ。話したら、お前にはサンタは来なくなるぞ。」
息子「分かった。まぁ、夢を壊したらいかんしな。」
なんか生意気なことを言っていたが、息子の成長を感じ、ちょっとホッとしたり、
残念だったり、複雑な気分だった。


去年は、
息子「大変や、●●ちゃん、Wii欲しいで書いてたで~」

我輩「なに~!それはプレゼントには、高すぎるやろ~!
   確かにWiiにはこだわってたなぁ。
   でも、お父さんもちょっと欲しい。。よし!兄妹二人のお願いしなさい。
   あ~待ちたまえ。ついでにマリオもお願いしておくがいい~」

息子「よっしゃー!」

もう、ここでは、親の威厳は吹き飛んでしまっている。。
ということで去年はWiiが我が家にやって来た。(詳しくはパラパラ漫画で)


今年は、
息子「俺、別にいらんわ」
我輩「そうか。そしたらサンタお任せコースやな。」
娘 「私は、絶対お願いする!」
小1の娘のサンタへの手紙は、丁寧に書かれ、所定の場所に置かれている。

IMG_1.jpg うら⇒ IMG.jpg

なかなか立派なことを書いているやん!
プレゼントもお手軽でよろしい!


今年は、時間もあるし、久々にびっくりを仕掛けてみるか。

FX


なぞなぞブーム

小1の娘になぞなぞブームがやってきた。
息子も幼稚園から小1ぐらいにかけてたしかハマっていた。


なぞなぞの本を見ながら、

娘 「うれしいとき、顔にこぶは何個できるでしょうか?

我輩「なかなか難しいなぁ・・・。

   分かった!よろこぶ(46こぶ)で46個や!

娘 「ハーズレー。ニコニコで4個でしたー。

我輩「なにー!こぶはどこいったんや!絶対46こぶや!」

娘 「だって答えに書いてるもん。」

嫁 「46こぶ(よろこぶ)は、小1のなぞなぞにはしぶすぎる・・・」

確かに答えには「ニコニコで4個」とあったが、
やっぱり、納得がいかんなぁ~。

FX

我が家のアリエッティ

娘は、『借りぐらしのアリエッティ』を見に行って、とても面白かったらしく『アリエッティごっこ』を楽しんでいた。

我輩のウエストポーチをタスキに掛け、二段目の押入れから紐を垂らし、部屋と押入れを行き来してアリエッティになりきっていた。
布団バサミで髪を止めようともしたがそれは無理だったらしい。


そんな我が家のアリエッティに悲劇が起こった!

押入れのダニがアリエッティを襲ったのだ!

嫁さんが大慌てで全布団を日光消毒したり風を通したりアリエッティが住める状態にしたが、我が家のアリエッティが帰って来ることはなかった。


その話を聞いて我輩は『ダニぐらしのアリエッティ』と命名したが、
娘は、「やっぱり自分の部屋が一番や~」
と一向に構わず、
「ここはミッフィーちゃんの部屋」
とミッフィーをいけにえに差し出している。
我が家のアリエッティは一瞬で去ってしまった。。

オシッコ(赤い彗星編)

娘は、一学期の前半は休み時間毎に必ずオシッコに行っていた。
教室に戻るとほとんどの友達は、いない状態らしく、あまりみんなと遊べていないかも?と心配していた。

一学期後半も「今日は3回やったー」とか回数報告をするので、やはり、娘はおしっこを気にしているようだった。

ただ、娘の名誉のために言うと、3歳頃オムツを外してからお漏らしをした記憶はない。

まぁ、緊張して神経質になっているだけのようなので、
「毎回、行かなくても大丈夫やで、でも、行きたかったら行けばいいよ。」
と、余り本人には、強く言わず、自然に任せることにしていた。
親が神経質になってもしかたないし。

2学期になって、何気なく聞いてみると
「もう、そんな毎回も行ってないわ~。でも、出る時は、『シャー』って出るで~」

『シャー』→『シャア?』
そんなに勢い良く出たか!
いわゆる『通常の3倍の速度』やね!
そっちに反応してしまった我輩。。

娘曰く、休み時間は、「はないちもんめ」でみんなと楽しく遊んでいるらしい。
めでたし、めでたし。


※「シャー」に反応した方、、「弾丸ツアー(赤い彗星編)」たまりませんよ!
プロフィール

キャープテン

Author:キャープテン
日常で起こったちょっと笑えるコネタを公開しています。
悪性リンパ腫という病気にかかってしまいましたが、
治療が終了し、2011年より、社会へ復帰しました。






にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村


カテゴリ
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おすすめ広告
アフィリエイト
--------
軽井沢 別荘管理
--------
不妊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。